「囲い込み行為」とは・・・

公開日:

更新日:2019/09/27

カテゴリー: なんでも知識(不動産) | 不動産の話 | 長濱


おはようございます♪♪

T・K企画の長濱ですm(__)m

昨日はバレンタインデー。

嫁と娘からは手作りのチョコレートとお手紙をもらいました(*^^)v

あと、芋焼酎も・・・( *´艸`)

T・K企画のHPはこちらから

仲介手数料無料物件はこちらから

さて、先日のブログで、

不動産取引の際に行う「媒介契約」についてご説明させていただきました。

今回のブログはその際に出てきた「囲い込み行為」についてご説明したいと思います。

媒介契約についてはこちらから

まず、「囲い込み行為」とは、

売主から物件の売却依頼を受けた不動産会社が他の不動産会社に物件を取り扱いさせないため、

依頼を受けた物件の情報を何かと理由をつけて提供しないことです。

「媒介契約」のブログでもご説明させていただきましたが、

不動産会社は売主から依頼を受けた場合、必ず媒介契約を結びます。

そして、契約内容によっては不動産流通機構(レインズ)へ物件情報を登録し、

幅広い不動産会社に情報を開示しなければなりません。

そうなっているにも関わらず、

どうして「囲い込み行為」をする不動産会社があるのでしょうか?

そこで「囲い込み行為」によってどのようなことが問題になるのか、

いくつか挙げてみたいと思います。

まず、

①売却までに時間を要する恐れがある

ことです。

他の不動産会社に情報を提供しないため、広く販売活動が行われず、

売却までに時間を要する恐れがあります。

その結果、

②売主の希望条件で成約できない

ということに繋がります。

売却に時間がかかると売主は焦りますよね?

全員ではないにしろ、不動産売却をお考えの方は物件の売却をアテにして何か他のことをお考えかと思います。

しかし、そんな「囲い込み行為」のために肝心の物件が売れない

或いは、希望価格より価格を下げざるを得ないことになってしまうかもしれません。

そうなると、物件を売却することで逆に損してしまうという本末転倒な状況になりかねません

また、「囲い込み行為」を行うことにより、

預かり元の不動産会社に辿り着かない限り、

③買主が希望の条件で物件を見つけられない

と、いうことになります。

③に関しては我々のような仲介業者に関しては非常に迷惑な話なんです(>_<)

お客様が直接預かり元に連絡した場合は問題ないんですが、

我々のような仲介業者に仲介を依頼された場合、

我々が物件情報を入手しても、

預かり元から情報を提供していただけないとなると我々からお客様へ物件の紹介はできません。

しかも、「現在商談中」や「契約段取り中」などと、

嘘をついて紹介していただけないケースもあります

これは僕も実際に体験済みです(苦笑)

この時は泣く泣くお客様から直接預かり元に連絡を入れてもらったんですが、

お客様と預かり元の間でトラブルがあったため、

結局僕がお客様の依頼を受け、預かり元へ連絡をして正式に仲介させていただきました。

こんなことを当たり前のように行う不動産会社が実際にあります(^-^;

売主に嘘をつき、仲介業者を敵に回してまで「囲い込み行為」をする不動産会社の思惑は、

ズバリ!!

仲介手数料にあります。

仲介を行う不動産会社の収入源は主に仲介手数料です。

仲介手数料は売却依頼を受けた不動産会社は売主から、

購入依頼を受けた不動産会社は買主から頂きます。

「囲い込み行為」をする不動産会社はこの仲介手数料を独占したいんです(苦笑)

売主・買主双方から仲介手数料を頂くことを不動産業界では両手取引といいますが、

この両手取引をしたいんですね~(^-^;

なぜ両手取引をしたいのか理由は単純。

先に挙げた売却依頼と購入依頼を受ける不動産会社が別々で、

仲介手数料も売主・買主からそれぞれの不動産会社に支払うケースのことは片手取引と言いますが、

読んで字のごとく、両手取引の時よりも仲介手数料が半分になります。

※仲介手数料(両手取引、片手取引)については別の機会に詳しくご説明いたします。

誰だって収入が半分になるのはイヤですよね(苦笑)

ただ、それでお客様の不利益になるようなことを行っていいわけではありません!!

ちなみに・・・

「囲い込み行為」をされる物件の特徴として、

売りやすいということがあります。

価格が相場より安い、需要の高い物件であるなど、

売りやすい理由はいくつもありますが、

そういう物件に限って両手取引が見込めることから「囲い込み行為」が行われます。

個人的には「囲い込み行為」をする不動産会社がいても、

その取引でお客様が不利益を被らなければ良いと思っています。

お客様の希望通りになれば誰からも文句は言われませんからね。

不動産会社以外からは・・・(苦笑)

ただ、そういう不動産会社は大抵同業者に対する対応が悪いような気がするのは僕だけでしょうか(>_<)?

このブログを読んでいただいている方の中には、

何度か不動産取引を行ったことのある方もいらっしゃると思いますが、

大半の方は初めての不動産取引ということのほうが多いです。

ここ沖縄県でも「囲い込み行為」は結構当たり前に行われていますので、

もし、自分の物件が「囲い込み行為」をされていることで自分が不利益が被っていると思ったら、

すぐに他の不動産会社へご相談してみてください。

その際にはぜひT・K企画を候補に入れていただけると幸いですm(__)m

無料査定・売却相談はこちらから