「#8000事業」

公開日:

カテゴリー: 豆知識(不動産以外) | 長濱


こんばんは♪♪

T・K企画の長濱ですm(__)m

 

T・K企画のHPはコチラから

 

突然ですが皆さま、

「#8000事業」をご存じでしょうか?

 

何を隠そうこのブログを書いている僕は、

子供ができるまでその存在すら知りませんでした(^▽^;)

 

お恥ずかしい・・・(>_<)

 

簡単に説明しますと、

「#8000事業」とは、

厚生労働省管轄の「こども医療電話相談事業」のことです。

 

※画像は厚生労働省のHPから引用。

 

この事業は、

休日や夜間の急なお子様の病気に対して、

保護者の方がどのように対処すべきか、

また、病院の診療を受けた方がよいのかなどの判断に迷った時に、

医師や看護師に電話で相談できるというものです。

 

その相談窓口に繋がる番号が「#8000」。

 

電話で「#8000」をプッシュすると、

お住まいの自治が設置する相談窓口に転送され、

そこで医師や看護師にお子様の症状を説明し、

その症状に応じた適切な対処の仕方や、

病院受診に関するアドバイスを受けられます。

 

図で表すとこんな感じですね。

※画像は厚生労働省のHPから引用。

 

この相談窓口の電話番号から、

この事業は「#8000事業」と呼ばれれています。

 

皆さま、このサービスご存じでしたか?

 

うちはまだ子供が小さいので、

何度かお世話になりましたm(__)m

 

電話相談なので、

病気の診断や治療を行うものではありませんが、

休日や夜間に専門家のアドバイスの上でどうすべきか判断できる、

これはとても助かります( *´艸`)

 

相談時間は各自治体によって違いますが、

ほとんどの自治体が夕方から翌朝にかけて相談を受け付けています。

 

ちなみに、沖縄県の相談時間は下記の通り。

 

平日:19時~翌8時

土日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日):24時間対応

 

この「#8000事業」は、

現在子育て真っ最中のご家族や、

これから子供を授かるご家族にはぜひ知っておいてほしいサービスです!!

 

詳細は下記からご確認いただくとして、

ひとまず「#8000」を覚えておいてくださいm(__)m

 

厚生労働省のHPはコチラから。

沖縄県のHPはコチラから。

 

きっと役に立つと思いますよ♪♪

 

査定の依頼はコチラから。