鍵が回りにくい・・・そんな時は

公開日:

カテゴリー: スタッフの日常 | 安慶名 | 豆知識(不動産以外)


皆さん、こんにちは(^O^)

T・K企画の安慶名です(^O^)/

最近事務所の鍵が回りにくくなってしまい

開けたり閉めたりするのに時間がかかって急いでいる時とかは腹が立ってしまいます(^_^;)

どうにかならないかな〜と思い

ネットで調べてみました(^。^)

皆さんも、鍵を回しづらかったり抜き差ししづらかった経験があらますよね(^_^;)

※写真他サイト引用

今の時代は、犯罪が多いので絶対に出かける際は

鍵を閉めると思います。

なので、お出かけしている時は

鍵を服のポケットやカバンなどにいれたりするので

服の繊維やカバンの中のホコリが鍵の溝や凸凹に付着し、

鍵が廻りづらくなっている可能性があるようです!

特にディンプルキーは、穴のくぼみにホコリ・汚れがたまることがあります。

なので鍵が曲がったり変形をしていなければ

掃除をすれば、解決するかもしれないみたいです^_^

まず、掃除機で鍵穴のゴミ吸い取り、鍵本体を古い歯ブラシなどで軽く掃除をしてみて

そしてその後に鍵穴専用の潤滑剤、もしくは鉛筆で強く鍵の切り込みをなぞって数回鍵穴に抜き差しすると良くなるようです(^O^)

ポイントは鍵の切り込みを鉛筆で強めに黒くなぞるという部分らしいです^_^

※写真他サイト引用

黒鉛がカギ穴内部に付着して潤滑剤の役割を果たしますようです!

シリンダー内部に同じような成分が入っているので、相性もいいようです^_^

芯が軟らかい2Bぐらいがオススメだそうで、

シリンダーキーだけでなく、防犯性能が高いとされるディンプルキーでも有効だそうです。

そして、絶対やってはいけない事は

市販の潤滑油をさしてしまうことだそうです!!

市販の潤滑油含まれている油分が内部でホコリとくっつき、鍵穴内部で粘着して故障の原因になるそうです。

鍵穴専用潤滑剤は、鍵の差し入れをスムーズにするための鍵穴専用の潤滑剤らしいです。

パウダーなので市販の潤滑剤と違いホコリが付着しにくくなってるようです^_^

鍵穴に水分が入っている状態だと、

やはり鍵穴内部にホコリがつき、錠(シリンダー)の動きが悪くなるようです(^◇^;)

鍵穴やシリンダーの内部は、サラサラで乾燥したクリーンな状態にして専用の潤滑剤を使用するようにした方がいいみたいです^_^

お手入れは、年に1回でいいらしいので皆さんも是非お手入れしたほうがいいですね(^O^)

※上記の内容他サイト参考

でわでわ、これから僕達も年に一回はお手入れしていきたいと思います^_^

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございます(^O^)

また次回のブログでm(_ _)m