長崎旅行(観光スポット編)

公開日:

カテゴリー: スタッフの日常 | 與那嶺 | 観光スポット


どうも!

T・K企画の與那嶺です(^^)

長崎旅行楽しんできましたよー♪

結構過密にまわってきました。

大分長くなりそうなので” 観光編 ”と” グルメ ”編でわけたいと思います。

しばらく長崎のお話にお付き合いくださいm(__)m

まず初日ですが、お昼に早上がりさせてもらい、15時の便で福岡空港へ向かいました。

長崎空港もありますが、便が少ないのとSKYマークがないんです。。

チケット代はANAやJALに比べると、SKYマークは半額以上の差がありました。

なので今回はSKYマークで行くことに。

福岡から佐世保までは高速バスが走っており、2,500円で利用できます。

時間は2時間程度かかりました。

着いた頃にはすでに19時過ぎ頃で、着いてすぐに地元の友人と合流して一日目は飲みに出て終わりました♪

2日目は朝早くから友人がチョイスをしてくれたスポット巡りをすることに。

友人の運転で長崎市へ行き、まず初めに訪れたのがこちら↓

ちょっと見づらいですが、諫早市にある名水百選にも選ばれた『轟峡』です。

大小30余りの滝が連なり、山を車で上りながら各スポットを巡りました。

 

 

ここだけでひとつのブログを書きあげられるくらいとても癒され思い出に残る場所でした♪

マイナスイオンに癒され続いて向かったのが長崎市。

長崎市は路面電車(長崎ではチンチン電車と呼びますw)が走っていて独特の雰囲気の街です。

チンチン電車を横目に向かったのが、長崎といえばのスポット『メガネ橋』に行きました。

長崎に長らく住んでいたにも関わらず、初めて来ましたw

そして、日が暮れ始めた頃、妻がずっと行きたいといっていた温泉に行くことに。

今回行った温泉は『稲佐山温泉ふくの湯』というところです。

ふくの湯は大浴場の他、露天風呂・岩盤浴・サウナ・家族風呂があります。

今回は妻との旅行なので家族風呂を選びました。

家族風呂は個室になっており、部屋からそのまま温泉に入ることができます。

着いたときはまだ少し明るかったのですが、温泉につかるころにはすっかり暗くなりとても綺麗な夜景に。

温泉で温まり、たまに休憩で温泉から上がり眺望を楽しむという贅沢な時間を過ごせました。

温泉で温まった後は以前のブログでも紹介した長崎の観光スポットでじゃらんランキング一位の『稲佐山』の展望台へ行きました。

やはり世界三大夜景にも選ばれただけあり最高の夜景でした♪

長崎を360度見渡すことができます。

2日目はこちらで観光を終わり、また佐世保市へ帰り仲間との美味しい酒を楽しみましたw

最終日の3日目は私が住んでいた懐かしの場所を巡り、通っていた小・中・高を巡りました。

その後佐世保市で有名な九十九島という約200以上の群島を船で周ってきました。

因みに200もあるのに何で九十九島なの?

と思いますが、それだけたくさんの島があるということでつけられたとか。

船は大型客船やヨットセーリング、クルーズ船の他シーカヤックや無人島上陸など幅広いプランから選べます。

今回はヨットセーリングに乗ってみることにしました。

ヨットセーリングは沖まで出るとエンジンではなく帆で風の力だけで運行します。

エンジンを切って風の力だけで走るととても静かで自然を満喫できます。

船の先端にあぐらをかいて風をあびてきましたw

とても風が気持ちよく最高のひと時でした。

観光スポット巡りは九十九島を最後に、福岡で最終日を迎え残りは皆へのお土産選びで福岡をあとにしました。

3日間みっちりスケジュールを入れての観光で、睡魔に襲われながらの旅となりましたが最高の旅行となりました。

住んでいるとなかなか行かない地元の観光スポットですが、行ってみると最高な場所でした。

まだまだ紹介したいことが山ほどありますが、今回観光スポットの紹介はここまでにしたいと思います。

次回はグルメ編をお楽しみにw

では、また次回ブログで!

T・K企画ホームページ