具志川城跡

公開日:

カテゴリー: スタッフの日常 | 與那嶺 | 観光スポット


どうも!

T・K企画の與那嶺です(^^)

最近南部に行くのにはまっています。

物件撮影でも南部に行くことがあり、行くたびに街並みや空気に癒されています。

北部とはまた違う独特な雰囲気があり、ここ最近なんだかすごく好きになりました。

この前の休みの日も南部をドライブしながら観光スポットの奥武島に行きました。

ですが奥武島はとても小さく、すぐに一周してしまい、有名なてんぷらのお店もかなり人が並んでおりあきらめ、その場のノリで近くに城跡がないか検索しました。

そこでみつけたのが具志川城跡でした。

これまでに存在すら知らなかったのでそこまで期待していませんでしたが、かなり魅力的な場所だったので紹介したいと思います。

まずは具志川城跡入口の写真から。

数台停められる駐車場もあります。

かなり規模は小さいですが、そんなに人もいないので問題なさそうです。

入口には具志川城跡に関して記載された看板もあります。

因みに、具志川城跡は久米島の伝説によれば、久米島の具志川城主の真金声(まかねくい)が真仁樽(まにくたる)という人に攻められ落城し、島を脱出して本島に逃れ、故郷と同じ名の具志川城を築いたといわれているようです。

そして、新しい看板の他にかなり古い案内書きもありました。

雰囲気出てますね~

この雰囲気がある案内書きの横にはバス停があります。

予約制のバスが運行しているようです。

それでは城跡に入ってみましょう。

細道を進んでいくとすぐに石垣が見えてきます。

これまでに行った城跡に比べ小規模ではありますが独特な雰囲気があります。

綺麗に積まれた石積みでテンション上がります♪

石積みについて書かれた案内書きもありましたが、書き方がおもしろく、くすっと笑ってしまいましたw

ちゃんとした資料も残っておらず、このように書くしかないですね。

さらに進んでいくと大海原が見えてきます。

降りて先まで行くと断崖絶壁で少し怖いですが開けた最高の眺望です。

天気がもっとよければさらに最高な景色を堪能できそうです。

これまでの城跡は遠めに海が見えるところが多かったですが、こちらは海のすぐ側にあるのでさざ波の音に潮の香りも楽しめ、かなり癒しの時間をすごせました。

正直また行きたいと思う場所です。

かなりオススメスポットなので是非気になった方は足を運んでみてください。

それではまた次回ブログで!

T・K企画ホームページ