売却のポイント

売り出し価格の設定について

最近ではインターネットの普及により、物件情報に詳しいお客様が多くなりました。

以前は必ず聞かれた「この物件の価格は高い?安い?」という質問は、最近では聞かれなくなりました。

それほど購入希望者は既に不動産相場を良く知っているということです。

ですから、相場から大きく離れた売り出し価格を設定することは、売却を長期化する大きな原因となるのでおすすめは出来ません。

「少しでも高く売りたい」と誰もが望みますが、プロのアドバイスを参考にしながら適正な売り出し価格の設定を考えましょう。


不動産を高く売るには

空家・空室で売り出すことが可能なお客様の場合、より高い価格で売却するために簡単なリフォームをおすすめします。

購入されたことがある方はお気づきだと思いますが、見学の際の第一印象はとても大事です。

リフォームすることにより掛かった費用以上の高い価格で売れることが多いと一般に言われます。

大掛かりにリフォームするわけではなく、障子・襖・畳みの張替え・フローリングのワックス掛け程度の小予算で出来るリフォームでも印象が大きく違ってきます。


極力お部屋をすっきりさせる

住みながら売却する場合、生活しながら荷物を片付けるのは大変だと思いますが、荷物が少なくお部屋の壁や床の面積が多く露出しているだけで見学時の第一印象は変わります。

なので、この際にいらない物は思い切って捨ててしまうか、あまり使用しないものなどはなるべく目に付かない収納スペースに入れておきましょう。


売れるまでどのくらいの期間が掛かるのか

売れるまでの期間がはっきりとしていれば、引越しの計画も立てやすく気分的にも楽になりますね。

どなたでも早く売却したいと思います。我々不動産業者もそれは同じ気持ちです。

しかし、売却に出してみなければ分からないというのが正直なところです。

売却開始後にすぐ買い手がみつかる場合もあれば、1年経っても2年経っても売れない場合もあります。

「この時期までに売りたい」という希望があれば、反響をみながら価格を下げていく計画も必要ですし、場合によっては業者による買取も視野に入れておくことも必要です。


購入希望者に伝えるべきこと

売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報はできるだけ正確に購入希望者へ提供しましょう。

特に契約後のトラブルを防止する為には、物件の不具合や欠陥などがある場合には誠実に伝えることが大切です。

自分の感覚で「問題なし」と判断すると、最終的に上手くいかないことがあります。

些細なことでも売却開始に先立ち担当者へ伝えておくことがベストです。